オンライン 英会話 大学受験

オンライン英会話の活用が期待される大学受験の背景とは?

オンライン,英会話,大学受験

 

ランキングを発表する前に、大学受験でオンライン英会話が注目されている背景をご説明させてください。

 

今後の大学受験では、2020年の入試改革にむけて、ますますリスニングとスピーキングが重要になってきます。そのことは下の記事で詳しく書いたのでごらんください。

 

2020年の英語の大学入試改革で実際何が変わるの!?!

 

ただ、リスニングとスピーキングの力を伸ばすには、学校の授業だけでは不十分なのが現実ではないでしょうか。確かに、英語の授業は英語で行われ、ALTなどのネイティブの先生も一生懸命やってくれていますが、実際のクラスには40名以上の生徒がいるので、1人1人が話せる時間は微々たるものです。

 

なので、英会話教室に通う生徒もいますが、通常のマンツーマンの教室は1レッスン7000円〜10,000円するのも普通なので、学習塾にも費用がかかる最近の状況では厳しい方が多いのではないでしょうか。

 

そこで最近注目されているのが、オンライン英会話です。オンライン英会話ならネイティブから月数千円で毎日レッスンが受け放題なので、大学受験のためにリスニングとスピーキングの力をつけたい学生からの人気が高まっています。

 

そんなオンライン英会話で大学受験に特化しているスクールのランキングを独自に作ったので参考にしてみてください。


オンライン英会話大学受験で使えるランキング

オンライン,英会話,大学受験

ベストティーティーチャー 英語4技能試験対策コースの特徴

こちらは早くから大学入試の4技能化に注目し、専門のコースを作っているスクールです。大学受験で使える外部の試験にも非常に力をいれています。このコースで対策できるTEAPという試験は、既に有名大学で採用済みで、今後さらに広まるでしょう。また、このスクールは受験に強い代ゼミ・SAPIXのグループ会社になり、今後ますます大学受験に特化していくと思われます。

価格 レッスン受け放題: 16,200円円
評価 評価5
備考
ベストティーティーチャー 英語4技能試験対策コースの総評

早稲田、上智、立教、青山でも検定試験TEAPを入試で使えるようにしています。このように4技能がますます大学入試で重視される中、ベストティーチャーには既に多くのノウハウが蓄積されています。

 

オンライン,英会話,大学受験

レアジョブ英会話 中学・高校生コースの特徴

オンライン英会話の老舗で、シェアNo1とも言われています。こちらも4技能に力をいれていて、このコースでは中高生専用のトレーニングを受けた講師しかレッスンを担当していません。なので、オンライン英会話に慣れていない中高生でも安心して取り組むことが可能です。

価格 毎日25分9,800円
評価 評価4.5
備考
レアジョブ英会話 中学・高校生コースの総評

レアジョブの評価の高い講師のなかから厳選した講師に対して、特別な研修と認定を行っているほどの力のいれようです。大学受験で求められる4技能をトレーニングしていきます。

 

オンライン,英会話,大学受験

産経オンライン英会話 学校教科書準拠コースの特徴

基本的に大学受験は教科書通りのことがしっかりできれば合格できるようにできています。改革があってもそれは変わらないでしょう。産経オンライン英会話では、学校の教科書に準拠したコースを作りました。現在はまだ中学生のみですが、今後高校生向けもできるはずです。

価格 毎日25分月額5,537円
評価 評価4
備考
産経オンライン英会話 学校教科書準拠コースの総評

毎回のレッスン後に、講師からのレッスンレポート(講評)が送られます。これを参考に復習することで、実力が見込めます。産経グループという安心感もありますね。

 

オンライン,英会話,大学受験

DMM英会話の特徴

こちらは専用の大学受験のコースがあるわけではないのですが、1レッスンあたりの料金が最安値なので、学生には優しいということでご紹介させていただきます。

価格 毎日25分4,950円
評価 評価3.5
備考
DMM英会話の総評

安いのがメリットですが、こちらはフィリピン人以外のセルビアなどの東欧の講師が多いのが面白いところです。若いうちに様々な文化に触れ合えるのは大切なことです。

 

オンライン,英会話,大学受験

QQイングリッシュの特徴

こちらも中学・高校生用のコースを拡充していくと発表しましたが、現在のところはまだ中学コースのみです。今後高校生用のコースも作るとのことです。

価格 毎日25分月額5,780円
評価 評価3
備考
QQイングリッシュの総評

中学生向けに作られたオリジナルテキストが好評です。オンライン英会話自体をどう始めるのかという説明から丁寧に進めていきます。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?大学受験に使えるオンライン英会話が多くあることがお分かりいただけたかとおもいます。

 

ただ、オンライン英会話は合う合わないがあります。やはり少々高いですが通常の英会話教室じゃないとダメだというかたもいらっしゃいます。

 

その反面、オンライン英会話がしっくり毎日レッスンを受けて、着実に実力を伸ばしているかたもいます。

 

なので、いきなり申し込むのではなく、まず無料体験レッスンを受講して、試してみることをオススメします。各社とも1〜2回は無料で体験レッスンを受けることが可能です。

 

そして、大学受験では、TEAPという英語の検定試験である程度の点数をとっていれば、英語の試験が免除される大学が増えているのをご存知ですか?早稲田、上智、立教などの有名大学も採用し始めています。

 

TEAPで一定のスコアをとっておけば、あとは英語以外の科目に集中すればいいので、受験生にとっては負担やプレッシャーをかなり軽くすることができます。

 

そんなTEAP対策に特化したオンライン英会話のランキングを作成しましたので、是非参考にしてみてください。

 

⇒TEAP対策オンライン英会話ランキング|専門講師からしっかり学ぶ!

 

ちなみに、ベストティーチャーは、4/30までの期間限定の新年度キャンペーンで、3,000円キャッシュバックされるようになっていますね。

ベストティーチャー新年度キャンペーン

関連ページ

中学英語オンライン英会話ベスト5|成績も受験もバッチリ!
中学英語に特化したオンライン英会話もあります。専門コース、担任制、受験対応など、さまざまなメリットがありますが、なかなかどこを選んでいいかわかりにくいです。なので独自にランキングを作成してみました!
ベルリッツ中学生評判|ほんとに行く価値あるの!?
大手英会話教室のベルリッツですが、ベルリッツティーンズという中学生用コースもあります。実際に通っているかたはどのような評価をしているのでしょうか。口コミを徹底調査してみました。
フォニックス教材中学生に最適なのはどれ?
フォニックスという発音教育法が注目されていますが、中学生最適な教材もあります。厳選した3冊をご紹介します。
イーオン高校生評判|ほんとに行く意味あるのかな?
大手英会話のイーオンですが、高校生用のコースもあります。実際に通っている人はどのような評価をしているのでしょうか。徹底調査しました。
大学入試改革英語|2020年の改革で実際何が変わるの!?
政府が決めた2020年の英語の大学入試改革の背景と改革内容について、徹底解説します。
オールイングリッシュ授業高校|知られざる背景と現状を徹底解説!
高校ではオールイングリッシュで授業が進められています。なぜこのように教育指導要領が改定されたかと実際どのような授業が行われているのかをご説明します。
TEAP対策講座の厳選5講座|プロのノウハウで差をつけろ!
早稲田、上智など名だたる大学でTEAPによる受験が採用されてきています。まだあまり数はありませんが、TEAPの専門講座ができてきているので厳選してご紹介します!
TEAP対策オンライン英会話ランキング|専門講師からしっかり学ぶ!
大学受験でそのまま使える検定ということで今注目を集めているTEAP。対策講座もでてきていますが、まだまだ少ないです。オンライン英会話では、専門的にTEAPの講座を設けているところもでてきています。独自にランキングを作成しました。
TOEFL JUNIOR勉強法|これをやっておけば満点もいける?
TOEFL ジュニアが最近若い人の間では受験者数が増えています。間違いなくスコアアップするための勉強法をご紹介します。
IELTSオンライン英会話ランキング5選|プロから学びスコアアップ!
IELTSはイギリス、カナダ、オーストラリアなどへの留学や移住申請に最適なテストとして最近注目を集めています。オンライン英会話でも対策講座が出てきているので厳選してご紹介します。
理系英語苦手|原因と改善方法は?
理系の方は英語が苦手だと感じている人が多いのではないでしょうか。なぜ苦手な人が多いのでしょうか。改善策とともにご説明します。